FC2ブログ
t o 磁 場 !!
スタッフが綴るハッピーな日記

手前味噌仕込み会・こうざき自然塾

大豆レボリューションの仕上げ「手前味噌仕込み会」。
今年は、こうざき自然塾、カフェスロー、みやもと山の3カ所で行いました。

まずは、こうざき自然塾での味噌仕込みの様子をレポートします。

会場は、こうざき自然塾の近くの「わくわく西の城」。元々千葉県の宿泊施設だったものを現在は神崎町が管理運営していて、陶芸体験や味噌仕込みなどの厨房設備を使ったイベントなどを行うことが出来ます。今回は、この「わくわく西の城」にお世話になりました。

参加者は、大豆レボリューション種大豆オーナーとトージバスタッフで20名。
子供の参加もあり、楽しい味噌仕込みとなりました。

うざき味噌000

味噌仕込みに使った大豆は、
こうざき自然塾で育てた「小糸在来大豆から種とりして育てている大豆」。
糀は、こうざき自然塾の鈴木さん自家製の糀を使用。

こうざき味噌001

糀と塩を混ぜ合わせて「塩切り糀」を作っているところ

うざき味噌003

大豆は前日から水に浸し、圧力鍋で十分に柔らかくして、ミンチの機械で潰していきます。
この機械があると大豆を潰すのはとっても楽ちんです♪

うざき味噌004

潰した大豆が冷めるまでの時間、昼ご飯を食べました。
メニューは、鈴木さんのお米のおにぎりと鈴木さんの自家製味噌の味噌汁、秘伝、紅大豆、祝黒大豆の地大豆食べ比べ、いろんな味噌の食べ比べ。

うざき味噌005

塩切り糀と潰した大豆をまんべんなく混ぜ、「味噌玉」を作っていきます。
この味噌玉を樽に投げ入れれば仕込みは終わりです。こう書くととっても簡単ようですが、
味噌仕込みは、とっても簡単なんです(笑)。ただちょっとしたコツがあります。そこさえ外さなければ、誰でも家庭で出来ます。

ポイントは、
・仕込む材料の量を間違えない(基本ですね!)
・衛生管理に気をつける(これも基本)
・確かな材料を使う(仕上がりに差が出ます)
・寝かせる場所は涼しいところに(マンションなどの住環境では涼しい所がなかったりするので、夏場の1ヶ月ぐらいは冷蔵庫の野菜室などで「避暑」するという手もアリかも知れません。夏の暑さにあたりすぎると色が極端に褐変してしましうま味が乗らない味噌になります。失敗ではないけどイマイチ美味しくないです。)

以上を注意すれば、誰でも手前味噌が造れます。

日本人1人の1年間の味噌消費量は約7キロとのこと、まずは味噌から自給しましょう!


トージバ 神澤則生
スポンサーサイト



12月2日、こうざき自然塾「一粒万倍 ~100人の大豆・収穫祭」!

みやもと山の次の日、
種まき大作戦との共催で一粒万倍 ~100人の大豆・収穫祭を行いました。


7月8日に種をまいて以来、一度も草取りをすることなく収穫を迎えた大豆は、見事に実ってました。豊作です!収量は期待できそうです!

この後、こうざき自然塾では2月に「味噌仕込み」を行う予定です。

こうざき収穫0001

参加者は、スタッフを入れて30名ほどでした。
まずは、畑の近くの天の川公園でみんなでお弁当。天気も良く、ゆっくり流れていく雲を眺めながらお日様の下でのごはんはやっぱりおいしい。

こうざき収穫0002

ごはんの後、歩いて畑に。全部で4反ある畑の一部を手で抜き収穫しました。

こうざき収穫004


こうざき収穫005


こうざき20071202_03

手で収穫できなかった大豆は、刈り取りと脱穀を同時にできちゃう大型のコンバインで刈り取りました。


こうざき20071202_04

粒も大きく1株に平均80粒も実が付いていました。
このあと選別して収穫量が決まります。


トージバスタッフ 神澤則生

こうざき自然塾 何もしない農法成功か?

7月8日に「1000人の種まき大作戦」で種まきをした、こうざき自然塾の大豆は順調に育っていて枝豆がちょうど食べ頃でした。

実は、この畑、何と一度も「草取り」をしなかったんです!
種まきから何もしないで収穫を迎えるのは初めてのことですが、種まきの時期やその時の気象条件や畑の状況など、様々な条件が重なった結果、「何もしない農法」が成立したんだと思います。


何もしない、ということは、無駄なエネルギーも使わなくて済みますし、ほんと楽なんですが、来年、また同じ条件で種まきをしても同じ様にうまく育つとは限りません。多分無理でしょう、それが自然ですから。でも同じ条件で試してみたいと思います。
こんな農法が確立したら凄いですよね!

こうざき1018-02

草は結構生えていますが大豆の方が勝っています。

こうざき1018-01

この時期は枝豆が「旬」です。

トージバ 神澤

こうざき自然塾 生育順調 8/23

先月の8月23日に、大豆レボの畑のひとつ「こうざき自然塾」に生育状況の確認に行ってきました。

7月8日の「1000人の種まき大作戦」で、みんなでまいた種は無事に発芽し順調に育っていました。ちょうど、花が咲く時期で白い花をつけていました。

種まきの後、何も手を掛けていませんが、他の草に負けていません。

一般的には、草と大豆の芽は、同じように伸びていくので、種まき後、そのまま放っておくと、一面草で被われてしまい、大豆より成長の早い草がはびこると、大豆に日が当たらなくなり、うまく育ちません。

今年の、こうざき自然塾の畑は、草が生えにくい畑で、種をまくタイミングも良かったのかも知れません。

このまま収穫まで、見守るだけで草取りなどの作業の必要が無いかも知れません。


大豆レボ・こうざき 20070823_001 

青いシャツを着ている方が、こうざき自然塾の鈴木さん


トージバ 神澤則生


「1000人(300人)の種まき大作戦」

1000tanemaki03


最高の青空の下「1000人(300人)の種まき大作戦」、無事、終了しました。
参加されたみなさん、スタッフのみなさん、すべての方々に感謝します。
ありがとうございました。

当日の様子はフォトアルバムをご覧ください。
http://www.tanemaki2007.jp/event/1000tanemaki/1000tanemaki.html

プロフィール

トージバ

Author:トージバ
トージバスタッフが自由に書き込むブログ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク